わたしたちは、エネルギーの地産地消を目指します。

この場所で、小さな事から始めよう!

宝塚すみれ発電は、 市や地域の方々と一緒に再生可能エネルギーづくりに取り組む、 非営利型の発電会社です。地域の方々が主体となった発電所づくりを行うことで、 地域に還元ができる市民発電所づくりをしています。 みんなで安心安全なエネルギーをつくり、賢くつかいこなす社会を目指します。 sc01

広がる宝塚すみれ発電所

市民のチカラでできた発電所です。

no1

第一号

耕作放棄地に、市民が力をあわせて作ったDIYによる手づくり「市民発電所」です。

Story

第四号

田畑のうえで再生可能エネルギーによる電力を、下の農地では作物を植えるという新しい形です。

Story
no2

第二号

お寺の境内地に、県民まちなみ緑化事業を利用してオタフクナンテンを1020本植えた「緑の発電所」です。

Story

第五号

不要になった中古パネルの再利用により「電力や経費の削減を図る」、FITに頼らない「特定供給」という形の電力供給の仕組みです。

Story
no3

第三号

「宝塚市市民発電所設置モデル事業」により、宝塚市との連携で完成した発電所です。

Story

第六号

宝塚すみれ発電所2号の傾斜地の空き地部分を利用して追加工事を行いました。

Story

ニュース

市民・地域共同発電所 全国フォーラム

岡山では昨年、気候変動の影響による甚大な災害が発生しました。 早急に化石燃料から再生可能エネルギー100%へ転換していくことが求められています。 SDGsを達成していく上でも欠かせない再生可能エネルギーの促進を岡山でどの […]

コメントなし

「地エネと環境の地域デザイン協議会」発足

2019年8月11日 神戸新聞に掲載されました。 地エネと環境の地域デザイン

コメントなし

ISAP2019に登壇します

持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム International Forum for Sustainable Asia and the Pacific - 包摂的な転換(トランジション):地域循環共生圏の実現に向 […]

コメントなし

ソーラーシェアリング下のサツマイモ掘り

すみれ発電4号 甲子園大学の学生たちによる収穫風景です。(YouTube:画像をクリックしてください)

コメントなし

コープこうべ 神戸新聞の一面広告

平成30年10月12日の神戸新聞にコープでんきの一面広告が掲載されました。 契約件数28,000世帯突破!です。 このリンクをクリックしてください

コメントなし

ニッキン(平成30年6月29日)に掲載されました

(掲載記事)ここをクリック

コメントなし

一緒に発電所を増やそう!

仲間のメッセージ

代表取締役 井上保子

原発に頼らずに暮らしたい。そんな思いを一歩進めて2012年の冬に、みんなで電気を作る仕組みを作りました。宝塚すみれ発電所はエネルギーの地産地消を目指す小さな市民発電所ですが、これをきっかけに、再生可能エネルギーを活かしたまちづくりが大きな流れになっていくことに期待しています。私たちの思いを未来につなげていきましょう!

取締役 中川慶子

地球温暖化問題が崖っぷちまで来てしまいました。今ほど温室効果ガスも放射能も出さないクリーンな再生可能エネルギーが望まれているときはありません。世界の潮流は圧倒的に小規模分散型のエネルギー社会に向かっています。安心安全なエネルギーが家庭で、公共施設で、事業所で、農家で、つくられ使われる社会をめざして、エネルギーのしくみを変えていきましょう。私たちは、市民や業者や行政のみなさまとネットワークを結んで、「宝塚エネルギー2050ビジョン」の実現や地域でのエネルギー作りに努力する所存です。